若さを燃やしている!?老化促進するタバコの害

タバコは、吸い続けることによって老化を促進すると考えられています。
有名な浦島太郎の童話では、最後に煙がモクモクと出てきて、一気に年を取るといったシーンがありますが、タバコの煙には、まさにこれと似た老化促進効果があると言えるでしょう。

では、なぜタバコの煙が若さを奪っていくのでしょうか。

肌表面へ与えるダメージ

よく『紅顔の美少年』などと言われますが、女性だけでなく男性も、肌がきれいであればそれだけで好印象を与え、若々しい印象を与えます。

タバコを吸うと、体内の血管が収縮し、さらに一酸化炭素が発生するために脳細胞に必要な酸素が不足します。また皮膚表面の温度や代謝も低下し血行が悪くなるため、顔色は不健康になり、さらには肌表面に必要な潤い、ハリ、透明感が奪われていきます。

また、タバコの成分が皮膚内(真皮層)に侵入すると老化を促す「活性酸素」が発生します。活性酸素は皮膚の結合組織の破壊をもたらすなどのダメージを与え、顔には深いしわが刻まれてしまいます。

体内へ与える影響

また、体内では活性酸素を除去するために大量のビタミンCが使われます。タバコ1本の害を消すためにはレモン1個分のビタミンCが必要と言われ、タバコを吸うほとんどの人はビタミンCが不足している状態となっています。ビタミンCはコラーゲンの産出にも関わっていますので、不足すれば肌表面はどんどん悪化し、シミ、シワは増加し続けるのです。

さらに、タバコに含まれるニコチン、タールはガンを誘発しやすく、体の内面の老化を促進します。

一般に、皮膚を老化させる原因としては加齢や紫外線、不十分なお手入れなどが上げられますが、タバコの害はそれをはるかに上回るとされています。
そのため、どれほど高級なクリームで手入れをしたとしても、タバコを吸い続ければ見た目年齢はどんどん悪化します。
喫煙者にとっては、若さをキープする唯一の方法は、禁煙であることをしっかりと受け止める必要があるでしょう。

また、タバコの影響は生殖機能にも深刻な問題を与えることが分かっています。例えば、EDの罹患者の8割は喫煙者であると言われており、その影響はかなり大きいと考えられています。EDとなると、男性ホルモンが減少し、特に男性では見た目にも老けた印象を与えてしまいます。

いつまでも若々しくありたいのであれば、きっぱりとタバコと決別する必要があります。

禁煙の効果は予想以上に早い

しかし、特に長期にわたってタバコを吸い続けて来た人は、「今さら止めても手遅れ」といった想いが先行し、なかなか止められないという場合もあるのではないでしょうか。

しかし、禁煙の効果は意外と早く訪れます。

禁煙を開始して3日目には血液中の一酸化炭素が減少し、肺がきれいになり始め、味覚や嗅覚も正常に戻り始めます。また、血圧も正常値に近づき、体内のニコチンは消えます。
1週間で睡眠状態が改善し、熟睡できるようになり、2週間目には肌質がきれいになったことを実感出来るようになります。
1ヶ月の禁煙に成功すれば、禁煙によるイライラや頭痛、便秘などの離脱症状も治まり始め、5〜10年の禁煙でガンなどのリスクはほぼなくなるとされています。

手遅れなどとあきらめず、今から健康を取り戻すことを検討してみてはいかがでしょうか?


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.