デジタル機器で生活を楽しむ

「ダメな趣味」をやめれば、実にたくさんのお金があなたの手元に残るでしょう。まるで稼ぎが増えたかのような、「お得な気分」を味わえます。余ったお金は、最近流行のデジタル機器に使ってみてはいかがでしょうか? 生活もぐっと便利なものとなるはずです。

1カ月半でタブレットだって買えます

1日1箱の煙草を吸う人は、毎日500円程度を使うことになります。この出費をすべて貯金に回せば、大体1カ月半で2万円以上の蓄えができるでしょう。これだけあれば、ずいぶんと価値あるデジタル機器を買うことができます。

おすすめなのは、タブレットです。「アイパッドミニ」は大体3万円くらいなので、2か月分の貯蓄が必要ですが、逆に言えばたったそれだけで手に入る品でもあります。最近大人気の「ネクサス7」は約2万円程度と、1カ月半の禁煙で手が届く商品です。屋内の無線LANに繋ぐだけならば、購入額以外の出費はなく、ネットライフを楽しめます。

元ギャンブラーはパソコンを買え!

ギャンブルは「ダメな趣味」の中でも最大にお金がかかる趣味。やめられれば、1カ月で5万円程度のお金を作ることができます。それだけのお金があれば、ノートパソコンにも手が届きます。より高い性能を追求するならば、さらに脱ギャンブルに勤しみ、もっと貯蓄を作ってから買ってもいいでしょう。

パソコンが1台あれば、実にさまざまな遊び方ができます。オンラインゲーム、ネットショッピング、スカイプなどでの無料通話…。いろいろな娯楽に手を出してみれば、「世の中にはギャンブルよりも楽しいことがいくつもある」ときっと気付けるでしょう。

ちょっとだけダメな人たちは、周辺機器を充実

煙草もお酒もギャンブルも、のめり込んではいないけれど、軽くやってしまう…。そんな人はすぐにその「ちょっとダメな趣味」を排して、家電の周辺機器を充実させていきましょう。たとえば、テレビに繋ぐスピーカーを買ってみる。パソコンで動画を取り込むために、外付けのHDDを買う。その程度ならば、5000~6000円で済むはず。ちょっとした周辺機器への投資で、意外にも家電ライフは快適になったりするものです。

や生活に欠かせないデジタル機器。「ダメな趣味」を断てば、次々と欲しいものが手に入るはずです。先に購入して自分に「追い込み」をかけてから、煙草などをやめていくのもOKでしょう。


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.