ギャンブルに付け入るスキを与えるな!

ギャンブルをやめるためには、とことん自分を問い詰め、また、追い詰めることも大切です。具体的には「勝敗表を作る」、「予定をぎっしりと入れる」などの方法で、やめていきましょう。根っからのギャンブル好きには、これが最適なやめ方かもしれません。

綿密に作る勝敗表~愚かさを知ろう

毎日ギャンブルで勝つことができれば、ギャンブルをやめる必要はありません。それだけで一生生活していくことができます。しかし、残念ながらそれだけ豊かな才能に恵まれたギャンブラーは滅多にいません。ほとんどの人が、勝ち負けを繰り返しているはずです。

毎日の結果を、表にして記録していきましょう。細かい額まで、「○○円買った」「○○円負けた」と書きます。そうすれば「トータルで負けてない」という定番の嘘はもうつけません。膨らんだ負けに気付いて、「このままでは破滅する」という危機感が湧くでしょう。

負けは赤で書き込むなどすれば、自分への「煽り」「追い込み」にもなります。どれほど表を見るのが嫌になっても、現実から目をそむけず、毎日記録してください。

分刻みの行動計画でギャンブル封じ

ギャンブルをする時間的な余裕を封じることも有効な手段です。「○○と行く」「○○と遊ぶ」「○○時に眠る」という予定を綿密に練って、そのプランに忠実に生活しましょう。対人関係の予定を多く入れておくと、裏切れない、というプレッシャーもかかり、計画を破りにくくなります。目上の人との約束ならば、精神的な縛りもよりきつくなるはずです。

もちろん、たまには発散の時間も必要です。ストレスを解消できそうな計画も、予定の中に組み込んでください。友達との飲み会、風俗遊びなど、なんでも構いません。すべての予定は、やはり手書きで毎日メモ帳に書き込んでいくのがベストでしょう。自分の手で書いた字には気持ちがこもり、「絶対に守らなくては」という固い誓いになります。

ギャンブルが生活に付け入るスキを与えない。抑止力を自分で作る。これは、本気で取り組めばかなり成功率の高い方法です。「もう通いたくなんてないのに、ついつい足を運んでしまう…」そんな病的な状態にある人も、一度チャレンジしてみてください。


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.