習い事は飲酒を控える効果がある

たしなむ程度の飲酒は問題ありません。しかし過度に飲むのは健康面、経済面でも褒められることではないでしょう。さらに過度な飲酒で二日酔いになると、仕事でも良いパフォーマンスが出来なくなり、最悪のケース、職場の信用を失うことになるかもしれません。

そこで、習い事を始めてはいかがでしょうか?新しい知識や技能を身に付けるのは楽しいですし、習い事には夜の飲酒を遠ざける効果もあります。

習い事を始めよう!

仕事が終わってもまっすぐ家に帰るのではなく、何かのスクールや教室に通いましょう。オススメは勉強系(英語など)ですが、彫刻や絵画などの技能でも構いません。そうすることで帰宅後にやることが出来るため、お酒を飲むより勉強や練習に気が向くようになります。

実際、「習い事を始めてから家で飲む量が減った」という方が多く、そのような人たちに人気のスクールを紹介していきます。

英語(TOEIC、英会話など)

今では、「社内で出世する人間は、例外なく英語が出来る」という会社も珍しくありません。サラリーマンをしているなら、出世こそ最大の喜びと言えるため、その機会を英語力の低さで閉ざすのは悔しい話です。

そのために英語のスクールに通う方が多いのですが、実際に通っている方に話を聞くと、「補助金が出るなら大手。出ないなら小規模スクールがオススメ」だそうです。

大手のスクールのカリキュラムは「苦情が出にくい仕組み」になっているため、一人一人に合わせたプログラムではありません。しかし小規模スクールではそれが可能であるため、補助金が出ないなら小規模スクールを探すのも1つのアイデアです。

簿記

資格を取れば履歴書にも書けますが、「資格を取得するのが目的ではなく、とにかく面白い」という方も多くおられます。数字に強くなれば会社の数字が読めるようになり、自分が働いている会社の内情を読み解くことが出来るようになります。簿記に魅力を感じている方々は、そのような点を「面白い」と言っているのでしょう。

絵画(デッサン)

技能系で人気があるのが絵画(デッサン)です。最近ではサラリーマンのために夜に開講している絵画教室も多いため、職場近く、あるいは自宅近くで探してはいかがでしょうか?また夜に通う生徒の多くは同じサラリーマンの方で、まったくの初心者から始められた方ばかりです。したがって、「絵心がないので無理かも…」と不安に感じる必要はありません。ゼロから学ぶ意識で門を叩いてみましょう。

社交ダンス

こちらもサラリーマンに人気です。まったくの初心者でも受け付けてくれるため、気にせず門を叩きましょう。しかし、なぜ社交ダンスがサラリーマンに人気なのか?その最大の理由は、「異性と出会えるから」です。

いかがでしょうか?サラリーマンが仕事終わりの時間を利用して習っている人気の教室を4つ紹介しました。やはり英語人気はダントツなのですが、「月曜日は英語。水曜日は社交ダンス」のように、複数の習い事を始めてもOKです。レッスン料がかかるような気もしますが、その分だけお酒を飲まないので、経済的に大きな負担になることはないでしょう。


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.