ニコチンパッドで禁煙できるのか?

今では、どこに行っても禁煙マークを見かける時代になりました。愛煙家の皆さんも肩身の狭い思いをしておられるでしょうが、時代の流れなので仕方ありません。今から「タバコを広めよう!」という風潮には絶対にならないでしょう。

したがって禁煙する方が増えているのですが、禁煙には失敗がつきものです。すでにニコチン依存症になっているため、そこから抜け出すのは本当に大変です。結果、「3日目で諦めた」という方も多いのではないでしょうか。

ニコチンパッドは本当に効果があるのか?

禁煙を支援するグッズもたくさん販売されています。その中の1つに、ニコチンパッドがあります。「これで禁煙に成功した!」という方もおられるでしょうが、果たして本当に効果はあるのでしょうか?

結論から言えば、効果はあります。しかし効果には個人差が大きいようで、スムーズに禁煙できる人もいれば、ほとんど効果を実感することなく失敗する方もいます。したがって「効果がある」とも言えず、「効果はない」とも言えないのが現状です。

しかし自分にとって効果のある方法かどうかは、実際に使ってみないと分かりません。つまり一度は試してみて、効果がなければ別の方法を探すのが良いでしょう。

肉体的、精神的ケアが大切

ニコチン依存症は精神的なものではありません。まずは肉体的なケアが必要となるでしょう。ニコチンパッドやガムなどは、肉体的なケアを支援するグッズとして捉えてください。

続いて精神的なケアです。「タバコが吸えない」となると、かえって吸いたくなるのが愛煙家の心情です。つまり「タバコが吸えない」という一種の強迫観念を軽減するような、精神的なケアも必要になってきます。一言で言えば「気を紛らわす」ということですが、どのような方法があるでしょうか?

やはり人気なのが「コーヒー」と「ガム」です。しかし、両者に共通しているのは「甘いものはダメ」という点です。つまりコーヒーならブラック、ガムなら辛い味のものを選べば良いでしょう。

さらに、「ウィスキー」という回答もありました。「お酒を飲むとタバコを吸いたくなる」と聞きますが、ウィスキーをストレートでキュッと飲むと、逆にタバコを吸いたくなる気持ちが抑えられるようです。それに強いアルコールは眠気を誘発するため、寝る前の一服を考えることなく、そのままベッドにもぐりこむ方が多いと言えます。

ニコチンパッドやニコチンガムは、肉体的なケアに相当するものです。しかし効果の個人差は大きく、誰にでも有効な方法とは言えないでしょう。そして大切なのは、肉体的なケアと同時に精神的なケアもすることです。上記で紹介したコーヒーやガムは代表的なものですが、ご自身で気が紛れる方法を見つけてください。

そうして肉体的、精神的の両方からアプローチしてこそ、禁煙の成功率もぐっと上がると考えておきましょう。


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.