ギャンブルに付け入るスキを与えるな!

ギャンブルをやめられない人の口癖の1つに、「トータルでは負けていない」というものがあります。それが事実であれ嘘であれ、そういった言い訳がましいことを言うべきではありません。「負けてない」「負けてない」と自己暗示をかけると、よりギャンブルから離れられなくなります。それよりも、ギャンブルをやめるための、上手な自己暗示を考えていきましょう。

この金で○○が買える

ギャンブルで多額の金を儲けて、車やバイクを買う…実際にそんなことができる人は、ごく少数でしょう。あぶく銭を得ることができても、そのために圧迫していた生活費に使うか、借金を返済するかで、すぐになくなってしまいます。ギャンブルは、そもそも手を出さないのが一番の勝ちです。手元にあるお金だけで、実にいろいろなものが買えます。

たとえばパチンコで1時間も遊ぼうと思えば、最低5000円程度は必要でしょう。5000円あれば面白い映画を観て、ファミレスでランチを食べ、短い時間ですがピンサロでも遊べるかもしれません。中高年の方ならば、生活に欠かせない健康グッズを。そろそろ勃ちが悪くなってきている方なら、バイアグラなどの薬を手に入れることもできます。

「この金でもっと有意義な遊びができる」「この金で必要なものが手に入る」とマントラを唱え、実際にそれを実行に移せば、ギャンブルへの欲望は消えてくるはずです。

友達を失う、恋人を失う

ギャンブルを続けていると、どうしても自分の手持ちの金だけでは思うように遊べなくなり、友達や恋人から金を借りることになります。1度や2度ならば笑って許してくれるかもしれません。しかし、度重なると、どれだけ親しい間柄にある人も必ず離れていくでしょう。もしお金を返さなければ、訴えられる可能性もゼロではありません。

「ギャンブルで友達を失いたくない」「恋人と別れるなんて、嫌だ」…そんなことを、心の中で何度も思ってください。自然と、その手のお店から足が離れていくはずです。

確かに、金銭的には「トータルで負けてない」人もいるかもしれません。しかし、ギャンブルはお金以外にもあらゆるものを奪っていきます。時間もまた、その1つでしょう。「○○だから、ダメだ」と具体的な理由をよく考えて、賭け事と縁を切ってください。


Copyright(c) マイ・ライフ~酒、煙草、ギャンブルを絶つ術 All Rights Reserved.